アーミー・オブ・ザ・デッド(ネタバレ)

アーミー・オブ・ザ・デッド

アーミー・オブ・ザ・デッド おすすめ度3.5

※おすすめ度見方 0~1     見る必要無いかも。
1.1~2.0   100人いたら90人は微妙かな。
2.1~3.0   好みの違い。
3.1~4.0   行って損なし、観て損なし。価格や場所、評判次第で行くかどうか決めよう。
4.1~5.0   いますぐ観に行こう。見逃したら絶対に後悔する。

アーミー・オブ・ザ・デッド
アーミー・オブ・ザ・デッド

ザック・スナイダーらしいCGモリモリの一作。OP、デイブ・バウティスタ演じるスコットら、後にラスベガスお宝奪還チームとなる面々が、ゾンビとの死闘を繰り広げる。そこで流れる曲は、Richard Cheese And Allison CroweのViva Las Vegas.ピンク色の文字でタイトルが出る。このあたりの手際の良さ、否応なく観客のテンションをアゲる演出はさすがにうまい。セリフは無く、画だけでその場の状況がわかるという理想系。スコットと恋仲にあったマリア(アナ・デ・ラ・レゲラ)が死ぬ場面が白眉。エレベーターから飛び出してきたゾンビに首を180度ひねられ、鎖骨(肩峰?)が飛び出す。それを直視するスコット。最高にイヤ~な場面。スコットと娘のシーンが蛇足な気も。家族ドラマを入れるのがハリウッド的でありゾンビ映画的ではあるのかもしれないが……。最後に残るキャラの意外性も良かった。でも、不要なラストな気も(笑)。デイブ・バウティスタはドウェイン・ジョンソンにはなれなさそう。スター性が不足気味。youtuberも金庫破りも、どちらの人物もいけていた。人間側は良かったけど、ゾンビ側が思考能力を持ち出してしまうと、それだけでちょっとサスペンス度が落ちる。一番かっこよかったのは間違いなくヘリ操縦士のティグ・ノタロ(マリアンヌ・ピーターズ)でしょう。トム・クルーズか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました